頭皮のベタつきについて

頭皮のベタつきについて

 

髪がベタついて困る」、という悩みを抱えた方が結構たくさんいらっしゃい
ますが、まず、以下の3点を確認してみましょう。
簡単に試すことができます。

 

1.洗浄力の強いシャンプーを使っているから
石油系のシャンプーを使っていませんか?

 

シャンプーは、使用している成分を全成分表示するように薬事法で義務
付けられています。
ご使用のシャンプーの本体に、使用されている成分の表記があるはずです。
そして表示される成分の順番にも意味があり、多い順番に記載されています。

 

その表示成分の中で、
・ラウリル硫酸塩(Na,K,TEA,アンモニウム)
・ラウレス(ポリオキシエチレンラウリルエーテル)硫酸塩(Na,TEA)
・コカミドDEA
・ホシレンスルホン酸アンモニウム
・パレス-3硫酸塩(Na,TEA)、ステアリン酸グリセル
といった成分は含まれていませんか。
もしそうだとしたら、石油系シャンプーと思ってまず間違いありません。

 

石油系のシャンプーは値段が安い割に洗浄力があるので、一見、大変効率
の良いシャンプーのように思えますが、実は、洗浄力が強過ぎるという問題が
あります。

 

洗浄力が強過ぎると、頭皮の皮質を根こそぎ洗い落としてしまうことになり、
その分過剰に皮質が漏れ出してしまい、ベツ付く頭皮になってしまいます。

 

ご使用のシャンプーをもう一度確認して、もし石油系のシャンプーをお使い
でしたら、洗浄力が穏やかで他のシャンプーのように必要以上に皮脂を洗い
落とすことのないアミノ酸系のシャンプーを使って様子をみてみましょう。

 

 

2.洗浄(力)が程々だから
シャンプーのやり方が悪く、皮脂を洗い流しきれていない、あるいは洗浄力が程々の
シャンプーを使っているために、どうしても皮脂が残ってしまい、頭皮がベタついて
しまうと言うことになります。

 

考えられる原因と対策としては、

  • シャンプーの量が足りない事も考えられるので、量を増やして洗ってみる
  • 頭皮の洗い方がお粗末なので、もっと丁寧に洗う。但し、頭皮を傷つけいないように!
  • 洗髪料等をお使いの方は2度洗いをしてみる

など試されてみては如何でしょうか。

 

この手のパターンとしては、流しきれない汚れが髪の毛にも残ってしまう傾向が
あるので、髪の毛がゴワゴワしてしまったり、ツヤの無い髪質になってしまいます。

 

ここにあげた対策は簡単に試せるので、やってみる価値はあると思います。
ただ洗い過ぎると下記にも述べているように逆効果となりますので、洗い方には
注意が必要です。

 

 

3.頭皮をゴシゴシ洗い過ぎるから
頭をスッキリさせたいという一心で、頭皮をゴシゴシとこすって洗っていませんか。
頭皮を強くこすってしまうと、頭皮の表面にある角質層が剥がれ落ちてしまい、
ダメージを受けてしまいます。

 

詳細は、こちらをご覧いただくとして、頭皮をゴシゴシこすり過ぎて、それが
結局は、ベタつきやかゆみを感じてしまいます。
対策方法は簡単。ゴシゴシ頭皮をこすって洗うのはやめましょう

 

頭皮も、顔や身体にある皮膚と同じです。
顔を洗う場合、出来るだけお肌を傷つけいないように、お肌をいたわって注意を
払って優しく洗われるでしょう。さもないと顔が赤くなってヒリヒリしてしまったり、
皮がむけでしまって、とてもじゃないですが、他人に見せられるものでは
ありません。

 

頭皮だって同じこと。
ゴシゴシとこすって洗い過ぎると頭皮を傷つけてしまい、逆にベタつきや痒みを
もたらすことになってしまいます。

 

爪を立てて洗うのではなく、指の腹で優しく頭皮をマッサージするような感覚で
頭皮を洗いましょう。

 

また、タオルで髪を拭く、ドライヤーで髪を乾かす場合も同じです。
頭皮を傷つけることのないよう、優しく扱いましょう。