正しいシャンプー方法の手順

正しいシャンプー方法の手順

シャンプーは、1日に何回も洗っているのに、よく洗えてない気がする、臭いが気になるなどの悩みがある人は多いです。これは、シャンプー方法に問題があります。通常お風呂に入るときは、出かける前でもない限り、髪の毛を念入りにとかしたりはしないですよね。しかし、お風呂に入る前こそ、シャンプーをする前こそ、念入りなブラッシングが必要なのです。

 

 

念入りといっても、この方法はマッサージという意味合いではなく、髪の毛に絡まったホコリや、他のゴミなどを、きれいに払い除けることによって、髪の通りをよくするためなのです。決して、シャンプーでホコリやゴミを落とすということではありません。そして、気になる汚れですが、これもシャンプーで落とすものと、お湯だけで落ちるものがあるので、シャンプー前には必ずお湯で、頭をよく洗い流しましょう。この方法で、頭皮の汚れは半分ぐらい落としておくことがポイントです。

 

 

いよいよ、シャンプー液を使用しますが、よく説明に記されている適量のシャンプーを、直接髪の毛につけて泡立てたりしないことをおススメします。直接つけるのであれば頭皮の部分に、よく泡立てた洗浄剤を揉みこみましょう。指でのマッサージケアのように頭の汚れを落としていくのです。指の腹を使うことによって、頭皮を顔のマッサージのように優しくゆっくりマッサージしましょう。このとき痒みに対して、爪でひっかく人もいますが、これは頭皮が傷み、菌が入って炎症を起こしかねないので止めましょう。このような頭皮の肌トラブルは、薄毛に繋がります。マッサージは、頭皮の健康のためにも良く、毎日の洗髪中に頭をマッサージすることは、白髪予防に効果的です。

 

 

他にもよく、頭皮の後に髪の毛だけを二度洗いしがちですが、頭皮マッサージの泡でついでに洗い流すという感覚で十分です。ただし泡自体が残ると、やはり肌トラブルの原因になり、ふけや痒みのもとにもなるので気を付けましょう。