正しいシャンプー方法でケアをしよう

正しいシャンプー方法でケアをしよう

シャンプーの正しい方法を知り髪を洗うことは、健康な髪の毛と、頭皮のためにも大切なこととなります。たくさんの量のシャンプーを使って、頭皮をゴシゴシ洗うのが、良い洗い方とは言えません。間違えた洗い方や、過剰な量の洗浄剤を使って洗うと、髪の毛にとっては負担となってしまいます。正しいシャンプーの方法をマスターして、髪の毛も頭皮も、健やかな状態をキープしましょう。

 

正しい洗い方の方法といっても、難しいことをするわけではありません。基本が、ふわふわの泡で、頭の地肌を洗うことが大切になってきます。髪の毛をやさしく洗うのも大事ですが、地肌をしっかりと洗うことも、とても重要なのです。髪の毛で覆われているため、頭の地肌を洗うのは若干大変です。しかし、その大変な地肌を洗うことこそが、髪の毛を美しく保つためにも大切なのです。

 

まずは髪を濡らす前に、クシでとかして、からまりなどをといておきましょう。髪の毛を濡らしてからブラッシングすると、絡まりは取れにくくなります。そのため、髪を洗う前に1回ブラッシングしましょう。髪の毛が絡まったまま洗い始めると、髪を洗うことに力がかかるため、髪が傷みやすくなります。

 

指を髪の毛に通しながら、地肌までしっかりと、髪の毛を濡らしていきます。まんべんなく地肌を濡らしていく時間は、ほんの30秒くらいです。シャンプーは一度手にとって、よく泡立ててから使います。泡立てることで、髪の毛同士が摩擦を起こすのを防いでくれます。泡立てたシャンプーは、地肌の全体に行き渡るようにします。指の腹の部分を、上手に使ってみましょう。マッサージすると心地よく洗えます。

 

洗い方は、全体的に丁寧に洗っていきましょう。前際の生え際から、頭頂部を洗い、耳のうしろから後頭部、そして襟足まで、しっかりと洗ってから、キレイにすすいでいきます。ヌルヌル感がなくなるまで、髪の毛と地肌をすすぎましょう。地肌から、髪をかきあげるようにして、残さずにすすぎます。